読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パス・オブ・エグザイル初心者はこの3つの単語が分かると楽しくなって危険

無料ゲームが大好きです。主にSteamの無料ゲームばかりを遊んでおります。


WoWs(World of Warships)とメックウォーリアー・オンラインに大体満足しまして(高レベル帯まで行けたとは言ってない)次に何で遊ぼうかいくつか試していたところ、パス・オブ・エグザイル(Path of Exile、以下PoE)というMORPGがちょっと楽しくなってまいりました。

 

Diablo2の精神を受け継いだと言われ、Diablo3はこうであって欲しかったと言われているのがPoEのようです。Steamの人気ランキングでも常に上位をキープしています。

 

しかし日本語がサポートされておらず、とにかく分からない。ストーリーはどうでもよいのですが、スキルの内容が分からず難しい。とにかく分からないのがつらい。

RPGですので結構分かる単語が多いのですが、(英検4級すら落ちた私では)何となくでも分からず、しかし分からないと困る単語が幾つかありました。


日本語wikiもいくつか見たのですが、こうwikiってやつは、知ってる人しか分からない構造になっている気がして読むのが辛いです。。。

 

とにかくPoEを初めるに当たって、本物の初心者が詰まったところを記載しておこうと思いました。

 

 

■マルチモニターへの対応方法 (How to respond to multi-monitor

いきなり単語の話では無くて申し訳ないのですが、これが解決せずPoEをインストールしたものの数ヶ月放置していましたのでこの話をばまずは。

私のPC環境Geforce 750Tiでマルチモニタ)では、PoEを起動するとなぜかメインモニター側が800*600*16色カラー?の解像度になってしまいます。ドライバー関係もすべてアップデートしましたが直らず。これでは遊ぶのがはばかられます。

PoEが起動したら、いったん「FullScreen」に変更して適用します。そして画面が変わりますが、その変更を「キープせず放置」して「元の解像度」に戻るのを待ちます(15秒ほど?)。

するとあら不思議。(私のPC環境ではですが)メインモニターの解像度が正常に戻ります。

 

Once, to select and apply the "full screen" in DisplayMode of PoE Options, and Revert (Don't Keep).

Google翻訳で合っているか分からず申し訳ないですが、海外サイトでも分からなかったため念のため記載

 

 

■EVASION(回避)、Melee(近接)、DURATION(継続)


ようやく単語の話ですみません。アイテムの効果や特性として良く出てくるこの3つさえ知れば、後は日本のRPGでもカタカナ表記されている単語が多いと思いますので、苦労がかなり軽減されるのではないかと思います。


・EVASION Rate (エヴァーション・レート: 回避率)

鎧や盾の、2つある基本値の内の一つ。もう一つのArmour(装甲。これは主に英国で使われる単語らしく、米国英語だといわゆるArmor。どちらもアーマー)は馴染みが高いですが、これは分かりませんでした。

で、すべての防具がどれも両方の値を持っている訳ではなく、どちらかだけを持っていることが多い。両方を持っている防具もあるが、その場合はどうやらどちらの値も低め。

装甲値と回避率、どちらを優先すべきか分かりませんが、とりあえず分かりやすいAromur高めの防具を装備することにしています。


・Melee (メレー: 近接戦闘、近接武器)

剣やメイスや棍棒や杖や爪や。要は、魔法や弓などの遠隔(攻撃)武器以外の、近接(戦闘)武器。Meleeって言うんだ知らんかった。


・DURATION (デュラーション: 継続、持続)

使った(装備した)ことがまだ無いため体感してはいないのですが、単語からは多分、武器・防具に付与された魔法などの効果時間を長くするのでしょうね。

 


ハクスラとはシューティングであるのかもしれない


単語の話も3つだけですのでもう終わりましたので、後は雑談を。


ハック&スラッシュ(なぎ倒して、奪う)というゲーム概念を日本に持ち込んだのが初代Diabloだったと思うのですが(ウィザードリィはトレジャーハンティング:トレハンだったかなと)、これは非常に面白かったです。自動生成でこんなにも美しいダンジョンが作れるのかと驚愕したものでした。ただ私的には後半が大変だったせいか周回したいとは思わず、マルチプレイもせず、一度クリアしただけで満足満足でした。

そこで周回しなかったためなのか、ハック&スラッシュの感覚は全くありませんでした。ただただストーリーをクリアするために、美しいダンジョンの深層に立ち向かっていく。それだけで非常に楽しかったです。

その後、その他のMO/MMORPGも遊びましてハクスラの感覚を味わえるものもありましたが、楽しいと思ったことはありませんでした。ハクスラの名作と言われるDiablo2を遊べばまた違ったのかもしれませんが、初代で充分満足しまして、かつあの大変だった深層にはもう行きたくないと思いましてw

 

転じて初代Diablo(1997)から約20年後の今、ようやくこれがハック&スラッシュの面白さかと、PoEを遊んで感じております。それは高揚感か恍惚感のようです。

 

・まず、貨幣が無い

PoEの世界には貨幣がありません。拾ったアイテムを売って、物々交換できるスクロールを手に入れます。このスクロールが貨幣と言えば貨幣なのですが、これを手に入れるためにアイテムをガンガン売ります。アイテムのステータスもそれほど確認せず、とにかく拾って売りまくります。そのため落ちているものは全て拾います。

慣れた人はレアアイテムしか拾わないようですが、性格のせいかフィールドに落ちているものは全て拾います。何度タウンとフィールドを行き来しようが、貴重なポータルスクロールを消費しようが、とにかく全部拾いたいのです。そしてレア以外は全部売っぱらうのです。

 

・アイテムがとにかく良く出る

モンスター(人物もいますから敵クリーチャー?)を倒したり、フィールド上の箱などを開けるとアイテムが出ます。とにかく良く出ます。そしてすぐに持ち切れなくなります。そこで上記のようにドンドン売りまくるのです。

 

 

大抵のRPGではほぼ無尽蔵で持てる(ただしUOでは重さ換算されてましたっけ)貨幣と違い、PoEでの(私の)場合は、アイテムを拾っては売るをとにかく繰り返します。非常に大量のアイテムを拾えるので、アイテムのステータスを確認する手間がとても面倒です。しかも英語(かスペイン語かフランス語かな)。しかし使えるかもしれないアイテムは残しておきたい。それを出来るだけ短い時間で判断したい。

 

そんな時に、上記の3単語です。これを調べて分かった後は迷うことがかなり減り、ガンガン売ることが出来るようになりました。

 

死なないように戦う>荷物枠一杯まで拾う>タウンまで売りに戻る>売る>拾いに戻る>フィールド全部拾う>フィールド全部綺麗にしたら次のフィールドに進む>これをテンポ良く繰り返す(せるようになる)。

 

これがまた、た、楽しい(笑)

 

これが多分ハック&スラッシュの楽しさなんだろうなと感じているのですが、この感覚、なにか別のゲームで感じたことがあるような。

個人的にですが、これはまるで日本で言うシューティングゲームのようだなと感じました。強制スクロールの中、大量の雑魚敵を撃破し、アイテムを入手し、オプションを選択して次の強大な敵に立ち向かっていく。


段幕系は遊んだことが無いためもしかしたらそちら方面とは違うのかもしれませんが、何か楽しい感覚が似ているような気がしています。


ライフやマナを回復するポーションを購入しなくてよいのも、この良いテンポを作っていると思いますね。敵を倒すとポーションが入っている瓶(フラスコ)に勝手に溜まっていくため、限られた荷物枠にいくつ持って行くか迷う必要がありません。


よってとにかくほぼ全部売り払って、怪しいやつはタウンに置いてある荷物箱に放り込んで、荷物枠を出来るだけ空っぽにして、フィールドに飛んで戻る。もうそれを無心に繰り返す。


「一つのフィールドはそれほどは広大ではなく(それでも結構広く感じます)早い人なら15分程でクリアできるため、一般の人でも毎日は少しだけ、休日にはガツンと遊べるのがとても良い」とどこかに書いてありましたが、全くその通りであると感じました。


…ただ、分かってくると良い作品のため危険ですので、用量用法を守れる人がいいと思います。あとは娯楽欲がいま満たされていない人とかですかね。


ビルド(育成方針)とかクラフト(アイテム作成)とかもあるようですが、全然分かっておりません! 星空のようなスキルツリーはほんの少し進めたのですが迷うため放置してますし、クラフトについては全くもう知りません。それでも楽しいのでこれはヤバいなと。


久しぶりにソロで遊べて楽しく、なおかつヤバい雰囲気のゲームの敷居をまたげた気がするので、夜の海でなく朝の山に叫んでみたくなりました。


それではかしこに。